ハンドメイドアクセサリー




ショッピングガイド


サービス


スペシャルコンテンツ


SSL導入しています◆安心してお買い物していただけます

ランキング

ハンドメイドアクセサリー人気ランキング アクセサリー通販ランキング
ネックレス・ブレスレット人気ランキング 天然石通販ランキング
ビーズ スワロフスキー
ビーズネックレス アクセサリー
  1. ホーム>
  2. ネックレス*1>ネックレス*3>
  3. NC-294 天然石/水晶×ガーネットのシルクコードネックレス


◆NC-294 Rock Crystal Briolette / Silk Cord Necklace
天然石/水晶×ガーネットのシルクコードネックレス
 小さな画像にマウスポインターを乗せると大きな画像が見られます

水晶(クリスタル)、ガーネット、メタルビーズのシルクコードネックレスです。
金具には14kgf(14Kゴールドフィルド)を使用しています。

こちらで使用している水晶のしずくは、
細かなカットと手磨きの工程によって丁寧に仕上げられたプレミアムカット。
通常のドロップカットよりも、さらに美しく煌めく天然水晶です。

ぷっくりとしていて、約12mmとちょっぴり大きめなので、
水晶ひとしずくだけで充分な存在感があります。

両側に小粒なメタルビーズとガーネットをあしらい、
淡いピンク色のシルクコードを通してネックレスに仕上げました。

シルクコードはドイツの老舗メーカーのものを使用しています。
最高級の純絹糸を使って作られていますので、美しい光沢があり、
耐久性に優れてもいます。
今回使用したシルクコードは淡いピンク色の、肌馴染みのよい色味なので、
身に着けた時にシルクコードだけ浮いてしまうようなことがありません。

内包物のない透明感とスペシャルなカットが、天然水晶の美しさをより高め、
シルクコードの美しい光沢と、優しく首元に添うしなやかさが、
ネックレス全体にラグジュアリーな印象を与えてくれます。

石言葉はこちら
14kgfとは

■ NC-294 天然石/水晶×ガーネットのシルクコードネックレス \2,480

■素材 天然石/水晶 ブリオレット・プレミアムカット 約12×8mm
天然石/ガーネット ラウンド2mm
メタルビーズ/ラウンドカット(ゴールドメッキ)2.5mm
ドイツ製シルクコード(シルク100%)/ライトピンク 太さ0.7mm
■サイズ 約39.5cm(留め具部分含む)
■金具カラー ゴールド(14kgf)
※メタルビーズのみゴールドメッキ
2,000円以上のお買い上げで送料無料♪



*お支払方法、送料についてはこちら
* お買い物カゴが動かない場合
* 商品についてのお問い合わせ

◆ロッククリスタル(水晶)
 古くから、生命や精霊が宿ると信じられ、大切にされてきました。
 すべてを清め、浄化させる強いパワーがあると言われています。
 また、数あるパワーストーンの中でもオールマイティーのチカラを
 持つとされ、災いを断ち切り、運気向上へと導きます。
 他のパワーストーンと一緒に持つと相乗効果によって、
 チカラを高めてくれると言われています。

◆ガーネット
 権力と勝利をもたらす、実りの象徴として古くから尊ばれてきた天然石です。
 情熱を高め、変わらぬ愛を表す石として、
 持ち主の願いを叶えるチカラがあると信じられてもきました。
 恋や愛を叶えたり、大切にしたいとき、手助けしてくれることでしょう。
 また、不安や恐怖心を取り除き、
 マイナスの感情を明るいエネルギーへと変え、
 人を愛する気持ちや寛大な心を高めてくれるとも言われています。

◆14kgfとは?
 「gf=ゴールドフィルド」とは、真鍮に熱と圧力でゴールドを圧着したもので、
 ゴールドの重量が総重量の20分の1以上の金張り加工をいいます。
 12kで圧着されたものは「12kgf」、
 14kで圧着されたものは「14kgf」と表記されます。

 一般的に数多く流通しているフラッシュメッキよりも、
 ゴールドの層が厚いために、
 すぐに剥げて生地の真鍮が見えてしまうということが少なく、
 耐久性にとても優れています。

 「永久に変色しない」とは言えないため、
 ご使用の後は、ジュエリークロスで優しく拭き、
 汗・皮脂を取り除いてあげてください。

おすすめのアクセサリー
天然石/水晶のひとしずくのピアス 天然石/水晶のひとしずくのペンダントトップ
※お客様がお使いのPC環境により実際のお色とは若干異なる場合があります。
※天然石やヘンプなど天然素材は、入荷時期によりサイズや色が微妙に異なります。
  また、天然由来によるキズやインクルージョン、クラックなど見られる石もあります。
  天然の良さとしてご理解ください。


戻る  ホームへ  進む
ページトップへ